安心な野菜を食べたいTOP ≫  安心な野菜

安心な野菜

はじめに

もともと田舎育ちの私としては
スーパーの元気のない野菜や異様に色の濃い(でも味の薄い)野菜が
非常に気になっていました。
農薬、過度の化学肥料、そのうえ 放射能の被害まで…。
でもそれらは目に見えるわけではありませんし、何が危険なのか、
危ないのか安全なのかを判断することは容易ではありません。

安心して食べられる野菜を手に入れることは不可能なのでしょうか?

福島で野菜を作っておられる農家の方には心からお見舞いを申し上げます。
1日も早い生活の保障、そしてまた野菜を作ることができるよう
お祈り申し上げます。
でも、家族の健康を預かる主婦としては
出来る限り危険なものは避けたいと思ってしまうのが本音でもあります。
自分たち大人はともかく、子供たちのぶんだけでも安心安全なものを食べさせたい…。

同じ思いを持っておられる方の何かの参考になれば幸いです。

                            

らでぃっしゅぼーや 放射性物質の新基準

4月1日より国の放射性物質の基準値が変更になったのに伴い
らでぃっしゅぼーやも放射性物質の新基準を設定しています。

これまでも、らでぃっしゅぼーやでは国の暫定基準値の10分の1という
厳しい基準を設けていましたが、
今回 相当厳しくなった国の新基準値よりも
さらに2分の1以下の値を自主規制値としています。

ら.JPG

特に、摂取量の多い飲料水や乳児用食品については「不検出」を基準とし
小さいお子さんのいるお母さんにとっては安心できる体制になっています。

国の基準値が下がってからも、なお以前の規制値以上の放射性セシウムを含む
ほうれん草が市場に出回ったというニュースもありました。
まだまだ、「食の安全」は守られているとは言いにくい状況です。

小さい子供の防げる被爆は防いであげたいと思うのは
お母さんの共通の願いですよね。

安心安全な食品を当たり前に口にできるようになることを
願わずにはいられません。


らでぃっしゅぼーや公式サイトはこちら→らでぃっしゅぼーや



らでぃっしゅぼーや NTTドコモのTOB

先日ニュースで見た、NTTドコモによる
らでぃっしゅぼーや株式のTOB。
ドコモが!?びっくりしたけど、
こないだローソンと提携したところだし、会社大きくするつもりかな?
大きくなるのはいいけど、らでぃっしゅぼーやの良さが
無くなっちゃったらいやだなぁ…。
と思っていたら、今週のカタログ類と一緒に「会員のみなさまへ」
というお知らせが入っていました。

以下は一部抜粋。


 ドコモは、携帯電話キャリア国内最大手と言うポジションだけでなく、
来るべき情報社会を見据え、そのIT・モバイルノウハウを生かして
医療、教育、農業、物販など様々な分野でのサービスの展開を
目指しています。その中で、農業・物販の核になるべき会社として
当社との協業を選択しました。
 ドコモから資本提携の話があり、その後何度か話し合いを進めるにつれて
ドコモが当社を非常に高く評価していること、
今までどおりの当社の経営理念や企業姿勢が堅持できること、
そして経営の独自性も尊重されることについて確認できたこと、を踏まえ
TOBに対する賛同表明を決議しました。
(中略)
 提携企業のインフラを生かし、当社のかねてから念願である
「自社便サービスによる全国展開」
の実現を視野に入れ、
会員の皆様から今まで以上にご指示いただける企業になっていく所存でございます。


以上抜粋−−−−−−−−−−−−−−−−

とのこと。
ちょっと安心しました。

ウチは現状でも「自社便配送地域」なんだけど、
全国的にこれが可能になったらもっと利用する人は増えると思うなぁ。

らでぃっしゅぼーやの今後にますます期待します。


らでぃっしゅぼーやのおせち

らでぃっしゅぼーや の配送の際
毎回次週ぶん(翌週締切、その次の週配達)や
季節商品のカタログを届けてくれます。

今週ついに、らでぃっしゅぼーやのおせち料理のカタログ第一弾が
やってきました。
今回のカタログでは、2種類の産直おせち
(お重に詰めた状態で、冷蔵配送)のみの予約販売のご案内で
11月半ばから12月にかけてその他のおせちセットや
単品のお正月料理、お正月向け食材などのカタログが順次送られてくる模様。


今回予約受付のらでぃっしゅぼーやのおせちは
徳島の「鹿碌」というところが作るものだそう。
もちろんらでぃっしゅぼーやオリジナルで
化学調味料等は一切使わず
食材もらでぃっしゅの厳しい基準をクリアしたもの、
素材ごとに産地を明記、とすごい徹底ぶり。

Oisixのおせち特集にもかなり心惹かれていたけれど
やっぱりらでぃっしゅぼーやもスゴイ。

うーーーーーーん、どうしよう。
本気で悩みます(笑)。

らでぃっしゅぼーや 公式サイトはこちら↓↓↓




Oisix(おいしっくす)公式サイトはこちら↓↓↓




らでぃっしゅぼーや 公式サイトはこちら↓↓↓




Oisix(おいしっくす)公式サイトはこちら↓↓↓







らでぃっしゅぼーや放射性セシウム検出農作物も契約生産者から買い取り

らでぃっしゅぼーや が放射性セシウムの自主規制値を国の10分の1に設定したこと、
自主規制値以上暫定規制値以下である51〜500Bq/kgが検出された商品を
契約生産者から買い取るが会員にはお届けしない取り組みを始めたことを
以前書きましたが(くわしくは こちら )
その農産物を買い取った場合いったいどうするのか、
不思議に思っていました。

ヒツジさんのブログでその疑問が解けました。
カスタマーセンターに問い合わせをしたそうです。

***********************以下引用

・全品目の「入荷前検査」を強化しており
 (現在では全般的に放射性物質の検出が減少していることもあって)
 実際にはらでぃっしゅぼーやに社内基準を超える農作物が入荷することはほぼない。

・もしも入荷後の検査で社内基準を超える放射性物質が検出された場合は
 らでぃっしゅぼーや社内にて希望者に販売し、それでも残る場合は廃棄するかもしれない。

・入荷後検査で社内基準を超えた農作物を会員、または他の流通へ回すことはないが
 入荷前検査で社内基準以上国の基準以下の農作物は基本的に入荷しないため
 それを廃棄する、或いは他の流通へ出すことは生産者側の判断になる。

***********************以上引用

とのこと。なるほど。
らでぃっしゅぼーやだって会社なんだから
なんでもかんでも買い取ってあげますよ、という意味ではないよね。

福島の子供たちの甲状腺の検査が始まったニュースもあり
子供を持つ母親としては
まだまだ放射性物質に対する不安が大きい日々です。


らでぃっしゅぼーや 公式サイトはこちら↓↓↓




Oisix(おいしっくす)公式サイトはこちら↓↓↓




安心なおせち料理


デパートやスーパーでもおせち料理予約が始まりましたね。

自分で全部作ることができれば
それがいちばん安心安全なのですが
年末ぎりぎりまでお仕事の方も多いのではないでしょうか。
私も、仕事柄お正月はあってないようなものなので
お煮しめくらいは作りたいけれど 本格的なおせちを作るのは
ムリそうです。

おせち料理だってやっぱり無添加・安全にこだわりたい。
特に、日持ちさせるため保存料などを使われることが多いでしょうから
信頼できるところで購入したいものです。
(と言いつつデパートなどのカタログを見て美しさにほれぼれしてみたり(笑))

昨年(というか今年のお正月)は利用中の らでぃっしゅぼーや で
かまぼこや伊達巻と、いちばん小さいおせちセットを購入し
お煮しめだけ31日の夜に作ってなんとかお正月らしくすることができました。

さらに前の年は自然食品等を扱っておられるお店 日常茶飯しあわせ広場「常茶会」 さんで
お世話になりました。
今年はまだおせち関連の商品は出ていないようですが(10月6日現在)
こちらの商品も安心かつおいしくて家族にも好評でした。

今年の年末もかなりハードになりそうなので
もうお重に詰めてあるタイプのおせちを購入しようかな、とも思うのですが
(たしからでぃっしゅぼーやでも購入できたはず…)
まだ考え中です。

Oisixのおせち特集のページを見ていると
久しぶりにおいしっくすを利用するのもアリかな、なんて。
ちなみにおいしっくすのカニはおいしかった。

まだまだ先のこととはいえ、どうせなら「早割」の時期に決めてしまいたいし…。
悩ましいところです。


らでぃっしゅぼーや 公式サイトはこちら↓↓↓




Oisix(おいしっくす)公式サイトはこちら↓↓↓




Copyright (C) 安心な野菜を食べたい. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。